介護報酬ファクタリングサービスについて

医療機関の社会保険診療基金及び国民健康保険団体連合会への診療報酬をファクタリング会社が買い取る事によって早期の現金化可能とする資金調達法の医療ファクタリング。

ファクタリング情報は必ず役に立ちます。

医療機関のみが利用出来るこの資金調達法は上述した4つの会社間で行われていく物となっているのですが、実はこの方法は契約者となる医療機関によって3つの種類に分かれる物となっているのです。
今回説明する事になる介護ファクタリングサービスはこの3つの内の1つで介護事業者が契約者となった場合に適用がされるサービスとなっているのですが、この介護ファクタリングサービスを始めとする医療ファクタリングには6種類という多くのメリットがある物となっています。

朝日新聞デジタルについての情報はこちらです。

ではその6種類のメリットというのが何かというと、これは取引先が社会保険診療基金及び国民健康保険団体連合会である為に倒産の心配や通知を気にする必要が無い事・介護報酬債権を始めとする診療報酬債権が安全性の高い担保価値を持った債権である為に特定の担保が要求されるという事態が起きる心配が無い事・調達額が施設の規模が大きい程に高くなる診療報酬に比例して高くなる事・審査が比較的軽い事・取引先が倒産する心配が無い事や診察報酬が確実に支払われる事から償還請求権が無い事・初回限定で2ヶ月分の診療報酬債権で資金調達が出来るという事という物で、全てが非常に大きなメリットとなっているのです。


その一方でこれには手数料が約20%という割高な値段になっているという事といったデメリットもある物となっているのですが、診察報酬が実際に支払われるのが2ヵ月後となっているという事から介護事業者を始めとする医療事業者はこの方法を基本的に最後の手段として利用していく物となっています。