診療報酬債権のファクタリングの原理とは

ファクタリングとは本来、売掛金を早期に回収する手段として商取引の世界で始まったものです。

魅力的なファクタリング情報があれば全てが解決します。

商取引の世界では商品を納品した後、売買契約に基づいて一定の期間経過後に代金を入金するという方法が行われており、その期間が取引によっては2か月から3カ月にも及ぶことが有ります。
その間商品を納入した側としては売り上げは上がっているが現金が入金されない状態となるため、現金が必要な際には借入れをするなどの方法が必要になります。
この現金の入手を将来現金化出来る売掛債権を売却して手に入れることが出来るのがファクタリングですが、この方法を医療の世界に応用したのが診療報酬債権のファクタリングです。
診療報酬債権とは病院で診療を受けた場合に発生する債権のことで、健康保険を使用して診療を受けた際に本人負担の分は窓口で支払いますが、保険負担分については申請後2カ月程度後に支払われるため、その間は債権として病院が持っている状態を指します。



診療報酬債権は一般の売掛債権とは異なり、債務者となる健康保険組合が信頼性が高いため手数料が低く設定されているのが大きな特徴です。

病院は設備に投資が掛かるほか、開業当初などは診療報酬の入金が無いため現金が足りなくなってしまうことも多いため、以前は借金などを行うことが多い物でした。

しかし借金の利息が大きいため倒産してしまう病院も多かったのですが、診療報酬債権のファクタリングが普及してきたことで、利用されることが多くなっています。

livedoorニュースに関連した書きかけ項目です。